Skip to main content
Switch Language
  • Article

サウジアラビアにおける電気・電子機器の新規制

SASOが、電気・電子機器に含まれる有害物質を制限する新規制を導入します。

City skyline of Saudi Arabia

最新のアップデート情報:

2021年12月16日、サウジアラビア標準化公団(Saudi Standards, Metrology and Quality Organization : SASO)は、新RoHS技術規則 “電気・電子機器における有害物質の制限に関する技術規則” の施行日に関する通知を発表しました。

メーカーおよびサプライヤーが新規則の技術要件を満たすための十分な期間を確保できるようにするため、SASOは新規則の実施を6ヶ月間延長し、下記の通り段階的に施行することを決定しました。

n.

Product category name
製品カテゴリー

Enforcement date
開始日

1-A

Small household appliances​
小型家電

2022年7月4日

1-B

Large household appliances​
大型家電

2022年10月2日

2

Telecommunication and information technology equipment​
情報・通信技術機器

2022年12月31日

3

Lighting equipment​
照明器具

2023年3月31日

4

Electrical and electronic equipment and tools​
電子・電子工具

2023年6月29日

5

Toys and entertainment tools and appliances and sports equipment
玩具、娯楽及びスポーツ用機器  ​

2023年9月27日

6

Tools for monitoring and control​
監視・制御機器

2023年12月26日

サウジアラビアにおける電気・電子機器の新規制について

電気・電子機器が日常生活に欠かせないものになるにつれて、政府や組織は、消費者と環境を守るために、適切で実行可能な規制により対応しています。中東の技術系政府機関であるサウジアラビア標準化公団 (Saudi Standards, Metrology and Quality Organization: SASO) は、この活発な商業分野における有害物質に関する規制を発表しました。

SASOの「電気電子機器への有害物質制限の規制」は、カドミウム、六価クロム、鉛、水銀、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ビフェニルエーテルの含有量を規制すること、消費者の健康と安全、そして環境を守ることを目的としています。この規則には、必須となる適合性評価の手続きの概要も記載されています。

適用カテゴリー

本規制は、以下のカテゴリーに属する広範な電気・電子機器およびスペアパーツに適用されます。

  1. 大型および小型の家電製品
  2. 情報・通信技術機器
  3. 照明器具
  4. 電気・電子工具および機器
  5. ゲーム、娯楽およびスポーツ機器
  6. 監視・制御機器

ただし、以下のような一部カテゴリーの電気・電子機器は除外されます。

  • 宇宙用機器 
  • 医療機器 
  • 軍事兵器・機器 
  • 大規模固定設備  
  • 大型据置型産業用機器 

サプライヤーが規制に適合するために必要なことは?

SASOは、適合性評価の手順や文書化の要件に関する日付や詳細を明確にするためのガイドラインの作成を進めています。 ULはSASOと確認を進めており、ガイドラインが最終的に決定され次第、お客様に変更内容をお伝えします。

該当製品のサプライヤーは、SASOが承認したノーティファイド・ボディが発行するCertificate of Conformity(適合証明書)の形で、SABERプラットフォームを通じてRoHS承認を得る必要があります。 SABERは、サウジアラビアへの輸入品をオンラインで認証するために必須となるシステムで、最終的にはサウジアラビアの税関で製品を通関させる唯一のシステムとなる予定です。

サプライヤーがRoHS認証を取得するためには、2つの適合性評価オプションのうちいずれかに従う必要があります。1つは、最終製品に対する試験報告書を提供する方法。もしくは、リスクアセスメントにより優先順位をつけた少なくとも3つの主要材料、部品、サブアセンブリーについて報告書を提出する方法です。 

すべての報告書は、ISO/IEC 17025認証を受けた試験所が発行したものでなければならず、サプライヤーが独自の報告データを提出することはできません。

ULの試験・認証ソリューションを活用したコンプライアンスの実現

ULは、グローバルな安全科学のリーダーとして、安全性、セキュリティ、品質、持続可能性を規定する1,600以上の規格の策定に貢献してきました。 ULの各市場に関する豊富な知識は、サプライヤーがより安全な製品の開発をサポートし、市場投入までの時間を短縮する上で有益です。

ULは、世界各地のSABERのノーティファイド・ボディやRoHS対応の試験所を整備しています。また、サウジアラビア市場向けSASO規格に準拠したRoHS試験の提供に加え、他の地域におけるRoHS規制に準拠するための手続きと組み合わせて対応することも可能です。 

ULはまた、製品の登録、申請、支払い手続きを容易にするアカウント管理サービスを提供することにより、SABERのプロセスを合理化します。 ULチームは、重要文書の事前準備やレビューの管理にも対応します。  

規制関連の豊富な経験と現地におけるプレゼンスを活用してプロセスを合理化し、最新の規制要件への遵守をサポートすることにより、当社のサービスはお客様のRoHS申請を促進します。

SASOの新規制についての詳細は、ULエキスパートによるオンデマンド・ウェビナー(英語)をご覧ください。

Get in touch

Have questions, need specifics? Let's get this conversation started.

Help and support

How can we help?