North America
Europe
Denmark
France
Germany
Sweden
Switzerland
U.K.
Latin America
Asia Pacific
Argentina
Brazil
Mexico
Australia
China
Hong Kong
India
Japan
Korea
New Zealand
今まで以上に規模を拡大して内容を充実させたULのグローバル調査。製造者と消費者の態度や優先順位にどのような差異が見られるかを、様々な製品関連の検討要因にわたって精査します。

詳細を見る >
ULは、4つの基本分野全体にわたる基本的な発見、試験方法、ソフトウェア、規格を通して、世界をより安全にしていくための重要な方法を示す強力な取り組みであるNew Scienceをお届けしていることを誇りとしています。

詳細を見る >

規格

弊社の厳格な要件に基づいて、毎年何千点もの製品やコンポーネントに対する試験が行われています。

ダッシュボード

これまで以上にスマートで効率的かつ高速になったULのダッシュボードツールは、進化し続けるマーケットニーズを満たしていく企業のお役に立ちます。

詳細を見る >

ライブラリ

MARKS HUB

サービス

規格

Share

防爆機器サービス

UL は、北米トップの製品安全試験認証機関であり、防爆機器(hazardous location equipment)の試験・認証分野での認知度、評価も世界的に高くなっています。防爆機器の安全問題に取り組む弊社の歴史は、1930年に初めて防爆(機器)規格を発行したことに始まります。今も世界各国の認証を迅速に提供するなど、業界をリードし続けています。


サービスカテゴリー

防爆機器サービスのカテゴリーとして次が挙げられます。このサイトではそれぞれのカテゴリーについて次の情報を提供します。

  • 米国および世界の規定・規格
  • カナダ認証
  • 各種サービス
  • 技術トレーニング/セミナー
  • 関連文書、プレゼンテーション、記事

IECEx スキーム

ULはIECEx スキームの認証機関(ACB:IECEx Scheme Accepted Certification Body) 並びに、IEC防爆機器規格の検査試験所 (ExTL) として認定されています。 ノースブルック本社試験所(イリノイ州)は、このスキームの下で認定を受けた、米国で最初の、そして唯一の認証機関となっています。 欧州のUL International Demko A/Sが持っていた認定と併せて、当スキームにおける弊社の認証体制は万全となりました。
詳細はこちら〔言語:英語〕

出張評価

既に設置されている製品の試験、検査、設置確認など、弊社の技術スタッフが、製品の設置現場に出向いて安全評価を行うことも可能です。 そしてその製品がULの安全要求事項に適合していると認められると、「UL Field Evaluated Product」と記されます。
詳細はこちら〔言語:英語〕

危険場所の定義

防爆機器が使用される「危険場所」という言葉の定義には、次の3つの基準が含まれています。 それらは、引火性の気体、蒸気もしくは液体(Class I)、可燃性の塵(Class II)、着火性のある繊維 & 飛来物 (Class III)などの爆発性雰囲気が存在する可能性があること、機器の作動中に爆発性雰囲気が発生するような状態であること、爆発性雰囲気の着火をもたらす物質が存在している、ということです。

これとは別に、水がある所で電気機器を使用する場合や、物体の移動や落下で負傷するリスクがあったり、バイオハザードの存在などの理由で「危険」とみなされる場合もあります。

この定義法は、米国 (米国電気工事規定(NEC)), カナダ (カナダ電気工事規定(CEC)), ヨーロッパ (CENELEC EN 60079-10) と国際規格 (IEC 60079-10)で使用されています。ここに掲載する情報は、米国、カナダ、IECおよび欧州における分類での危険場所に対する疑問に答えるものです。

どのような状態であっても危険は存在しますが、NEC、CEC、IEC 60079-10、CENELEC EN 60079-10で定義されている状態にある場所のみを危険場所とみなします。