North America
Europe
Denmark
France
Germany
Sweden
Switzerland
U.K.
Latin America
Asia Pacific
Argentina
Brazil
Mexico
Australia
China
Hong Kong
India
Japan
Korea
New Zealand
今まで以上に規模を拡大して内容を充実させたULのグローバル調査。製造者と消費者の態度や優先順位にどのような差異が見られるかを、様々な製品関連の検討要因にわたって精査します。

詳細を見る >
ULは、4つの基本分野全体にわたる基本的な発見、試験方法、ソフトウェア、規格を通して、世界をより安全にしていくための重要な方法を示す強力な取り組みであるNew Scienceをお届けしていることを誇りとしています。

詳細を見る >

規格

弊社の厳格な要件に基づいて、毎年何千点もの製品やコンポーネントに対する試験が行われています。

ダッシュボード

これまで以上にスマートで効率的かつ高速になったULのダッシュボードツールは、進化し続けるマーケットニーズを満たしていく企業のお役に立ちます。

詳細を見る >

ライブラリ

MARKS HUB

サービス

規格

Share

グローバル・コンポーネント・サービス

ハイテク機器、消費者電子機器、家電、産業用機器、医療機器、商業機器で、UL によって評価された部品やコンポーネントを使用していない製品はほとんど皆無といってよいでしょう。 これらの製品に関して、ULはその品質、信頼性、使用性の判定に役立つ素晴らしいサービスを実施しております。 弊社を認証プロバイダーとして選ぶということは、最高レベルの安全性と品質の製品を作り出すという貴社の姿勢を顧客に示すこととなるでしょう。

ULが認証した部品/コンポーネントのリストは、これらの調達を決定する際に最も有効な資料として、世界中で広く使用されています。


ULのコンポーネント・サービス

北米認証サービス

UL が提供する北米認証として、2つのマークがあります。 円の中にULと記されたマークはリスティング・マークと呼ばれ、最終製品や完成製品に昔から使われている有名なマークです。「UR」の文字が反対に記され たレコグナイズド・コンポーネント・マークは、他の機器や製品に搭載されることが意図された部品やコンポーネント用に作成されたマークです。 リスティング認証を受けた部品/コンポーネントは、設置現場で取り付けても工場で取り付けてもよいものですが、 コンポーネント・レコグニションを受けたコンポーネントは、部品使用許可条件(Conditions of Acceptability)という限定条件付きで認証されており、最終製品への搭載にあたってはこれに準拠する必要があるため、工場で取り付けるものの みが対象となっています。

これらのリスティング、レコグニション・サービスに加えて、カスタマイズド・サービスとして知られているの が、アンリステッド・コンポーネント・サービスです。これは、部品業者というより最終製品の製造者に向けたサービスで、UL認証を受ける最終製品に、カスタマイズされたコンポーネントを使用する場合に利用されています。

最終製品の製造者の方々にとっては、一般販売されている部品 /コンポーネントを選ぶ際、無駄な試験や調査をする必要がなくなるので、大きなメリットとなるでしょう。 また、試験や調査は、最終製品に搭載されてから行われるのはなく、製造されている場所で行なわれるので、サプライチェーンに対する自信を得ることができます。

コンポーネントを供給する側の方々にとってもこのサービスは大きなメリットを提供します。ULの認証を得ることで、自社製品が適切な要求事項を満たした製品であることを、顧客である最終製品のメーカーに示すことができます。また、これらの製品に関する情報は、ULのオンライン認証製品ディレクトリー(Online Certifications Directory)によって、全世界に公開されます。

弊社のこのコンポーネント認証サービスの高い信頼性ゆえに、ULが認証したコンポーネントは、北米や欧州の他の第三者認証機関にも速やかに受け入れられます。 詳細はこちら

世界の認証提供

北米で使用される伝統的なULマークに加えて、ULはそのグローバルネットワークを活用し、その他の国々でコンポーネントを販売される部品製造者の方々にも認証サービスを提供することができます。 詳細はこちら

サプライチェーン・トレーサビリティ・プログラム

このプログラムでは、ULの当該安全要求事項に適合しているコンポーネントであるかを確認することで、サプライチェーンの不備を削減します。また、下請け業者の検証サービスもご利用されることによって、さらに徹底したサプライチェーン管理が可能になり、部品サプライヤーのトレーサビリティを確保します。取扱い製品は次のとおりとなっています。
組立て部品、加工ワイヤ、ワイアリング・ハーネス、プリント基板組立て部品、ハイテク組立て部品、再梱包(repackaging)プログラム、分割検査 プログラム 詳細はこちら

オンライン・データベース

従来のハードコピー(印刷)版のディレクトリーに加えて、二つの優れたオンライン・データベースによって、ULが認証した部品/コンポーネントに関する様々な情報を、検索し、取得していただけます。 それは、ULオンライン認証製品ディレクトリーと、UL iQ データベースで、これらのデータベースには、カテゴリー情報、モデル番号、定格など、UL認証を受けた部品/コンポーネントの貴重な情報が掲載されています。 多くの最終製品メーカーが、このデータベースを利用して、使用する部品やコンポーネントの認証情報を確認したり、UL認証を受けた製品を探したりしています。 詳細はこちら