North America
Europe
Denmark
France
Germany
Sweden
Switzerland
U.K.
Latin America
Asia Pacific
Argentina
Brazil
Mexico
Australia
China
Hong Kong
India
Japan
Korea
New Zealand
今まで以上に規模を拡大して内容を充実させたULのグローバル調査。製造者と消費者の態度や優先順位にどのような差異が見られるかを、様々な製品関連の検討要因にわたって精査します。

詳細を見る >
ULは、4つの基本分野全体にわたる基本的な発見、試験方法、ソフトウェア、規格を通して、世界をより安全にしていくための重要な方法を示す強力な取り組みであるNew Scienceをお届けしていることを誇りとしています。

詳細を見る >

規格

弊社の厳格な要件に基づいて、毎年何千点もの製品やコンポーネントに対する試験が行われています。

ダッシュボード

これまで以上にスマートで効率的かつ高速になったULのダッシュボードツールは、進化し続けるマーケットニーズを満たしていく企業のお役に立ちます。

詳細を見る >

ライブラリ

MARKS HUB

サービス

規格

Share

ワイヤ/ケーブル

UL が評価するワイヤ/ケーブルの製品カテゴリーは70を超え、使用する安全規格も30以上となっています。 安全性・性能の試験から、品質保証、工場におけるフォローアップ検査やULでのフォローアップ試験まで包括的なサービスを提供しております。 ULの評価サービスを受けることによって、消費者、設計者、販売業者、製造者の方々に、貴社の製品が国が認めた安全規格と業界の性能・品質仕様を満たした製品であるという認識を与えることができます。 ユーザーは、UL マークが表示された製品は安全であると信じています。


製品カテゴリー

ワイヤ/ケーブルに含まれる製品カテゴリーとして次が挙げられます。このサイトではそれぞれのカテゴリーについて次の情報を提供します。

  • 製品カテゴリー、認証、適用規格、試験プロセス
  • 製品への表示に関する案内
  • オンライン・スタイル/製品データベース
  • フォローアップサービス制度
  • 性能検証サービス
  • 関連リンク、発行物、ブリティン(広報)

機器用配線材

通常のワイヤ・カテゴリーと異なり、機器用配線材(appliance wiring material)は、リスティングまたはクラシフィケーションを受けたUL認証製品に使用されるレコグナイズド・コンポーネントとして扱われます。 機器用配線材であるワイヤは、現場で直接設置されるものではなく、それ自体も評価を受ける完成品の一部として工場で取り付けられたり、工場から供給された りするコンポーネント/部品として作成されています。 これらの製品が最終的に認められるか否かは、その取付け状態と、ULに提出される完成品における使用状態によって決定されます。 詳細はこちら

LAN ケーブル

ULは様々な業界規格に対応した評価を行っています。 ULの性能試験サービスを受けられる製造者は、国際標準化機構(ISO)が発行するISO 9002 などの公認品質規格の品質保証ガイドラインにそった品質システムを、確立・維持していただくことが必要です。 詳細はこちら

鉛とカドミウム

鉛とカドミウムに関する国際グリーンプログラムの要求事項に対応する品質分析として、ULでは、一般的である3つの方法から選んでいただけるようにしています。 試験に関しては、米国環境保護庁とヨーロッパ規格が定めた方法に基づいて行っています。

光ファイバーケーブル

非 導電性光ファイバーケーブルに使われる配線管や付属品は、米国電気工事規定(NEC)の第770条に準じて、通信ケーブルは同規定の第800条に準じて試 験を行っています。 リスティング認証の項目には柔軟部分の長さ、硬質した直線部分、エルボー、屈曲部、並びに、延長ジョイント、メス側/オス側アダプター、結合器などの付属 品があります。 配線管システムはそれぞれ構造が異なっており、それゆえ使われるコンポーネントも、他のシステムの配線管や付属品と互換性がありません。 詳細はこちら

リンク集