North America
Europe
Denmark
France
Germany
Sweden
Switzerland
U.K.
Latin America
Asia Pacific
Argentina
Brazil
Mexico
Australia
China
Hong Kong
India
Japan
Korea
New Zealand
今まで以上に規模を拡大して内容を充実させたULのグローバル調査。製造者と消費者の態度や優先順位にどのような差異が見られるかを、様々な製品関連の検討要因にわたって精査します。

詳細を見る >
ULは、4つの基本分野全体にわたる基本的な発見、試験方法、ソフトウェア、規格を通して、世界をより安全にしていくための重要な方法を示す強力な取り組みであるNew Scienceをお届けしていることを誇りとしています。

詳細を見る >

規格

弊社の厳格な要件に基づいて、毎年何千点もの製品やコンポーネントに対する試験が行われています。

ダッシュボード

これまで以上にスマートで効率的かつ高速になったULのダッシュボードツールは、進化し続けるマーケットニーズを満たしていく企業のお役に立ちます。

詳細を見る >

ライブラリ

MARKS HUB

サービス

規格

Share

委員会

UL の委員会はその性質や目的に準じたメンバーで構成されており、政府当局/関連機関、消費者団体、各界のオピニオンリーダーなどが参加しています。UL 規格の開発や維持、UL認証製品の導入および使用、新製品や革新的な製品、マネジメントシステム、国際事業の調査、その他適合性評価関連の業務における高い専門知識をULに提供しています。現在は、電気、環境、公衆衛生、火災、セキュリティシステム、フォローアップサービス、消費者諮問、マネジメントシステム諮問、商業保険、環境の委員会が設置されています。

電気委員会

電気委員会は 1913 年に設立され、電気器具/機器、建設機器や材料の安全要求事項について UL に助言しています。

詳細

火災委員会

火災委員会は 1915 年に設立され、消火器の安全要求事項、耐火建築物の設計、建築素材の火炎および発煙特性、その他の防火関連製品について UL に助言します。

詳細

FUS委員会

フォローアップサービス(FUS)委員会は、UL の認証サービスにおける製品の検査や品質保証に関連する事項について UL を補佐し、助言します。

詳細

セキュリティ委員会

セキュリティ委員会は、安全規格の開発や維持、UL 認証製品の導入および使用、新製品や革新的な製品の調査、新規事業機会の開拓について、UL が専門家の助言や指導を求められるフォーラムとなることを目的として 1923 年に設立されました。

詳細

保険委員会

2010 年に設立された商業保険委員会は、UL、保険業界、一般市民間の交流や情報交換を行う場であり、それぞれが培った経験を、共通の関心事である ”安全問題に役立つ活動” に活用し、促進します。

詳細